食事による産み分け

食事による産み分けの基本的な考え方は、食事によって男性や女性の体をアルカリ性や酸性に傾かせ、男の子や女の子を産み分けするというものです。
男の子を望む場合は、男性が肉や魚を中心に食べ、女性がサラダ中心の食事をとる。
女の子を望む場合は、男性がサラダ中心の食事を取り、女性が肉や魚を中心に食べるというものです。
このような食事方法は、本当に産み分けの効果はあるのでしょうか?
人間の体には、ホメオスタシスといって、体温や血圧、体液の浸透圧やPH(アルカリ性や酸性)などを一定に保とうとする性質があります。この性質によって、人間の体は健康を保つ事が出来るのです。
ですから、このような食事方法を取っても、体内のPHがどちらかに傾くとは考えにくいです。もし仮に、過度の摂取によってPHのバランスが崩れる事があるとすれば、それは、体にとっては非常に危険な事だとも言えます。
また、男性の精子は、約3ヶ月前に作られ始めたものが射精されますので、たとえ、この食事方法に効果があると仮定しても、男性は最低でも3ヶ月間にわたって、偏った食事を取る事になります。これでは、体調を壊してしまう恐れがあります。
妊娠するためには、男女共に健康であることが望ましいのですから、毎日の食事は出来る限りバランスよくし、健康的な体を維持する方が、産み分けには効果があると考えるべきではないでしょうか。
そうは言っても、食事による産み分けの効果が全く無いとも言い切れないことから、例えば、男の子の産み分けの場合、その日の夜は男性に頑張ってもらう必要があります。
そのため、夕食にはニンニクを食べてもらって精力を付けてもらえば、食事による産み分けの効果があるとも言えなくはありません。

産み分けゼリー「ベイビーサポート」

コメントを残す